周辺環境が整っていることは大切なことですよね。必要な施設が自宅から遠いと不便に感じてしまうでしょう。
環境が気になる方は不動産を購入する前に口コミ情報のチェックが重要です。
また、いくらブランドマンションでも築年数によって建物の状況に差がありますので、自身とプロの目で状態を確かめておきましょう。
ここではマンションを購入するにあたっての大切なことを紹介しています。購入間近のあなたは見逃せません!

中野区に実際に住んでみての感想

「暮らしやすい街だよ!」とおすすめされても、まだ住んだことがない方は「ホントに?」と疑問を抱くでしょう。
しかし、中野区在住の人の声を聞けば良さに納得するはずです。

女性男性 女性男性

口コミを見てみると、病気をした時にいつでも通院できる医療機関や週末の夜を楽しめる飲み屋もあるということが分かります。
自然も多いということ子供との生活にも適しています。
実際に住んでいる人達がこう答えるのですから、中野区は暮らしやすい街で間違いないでしょう!

住むなら断然ブランドマンション

ところで、「ブランドマンションの定義ってなに?」と気になる方も多いのではないでしょうか。
人はマンションを選ぶ際に立地や価格などを見ますが、ブランドもその基準の中に含まれています。
不動産会社が提供している数々のマンションの中で唯一、冠がつけられているマンションなのです。
管理や維持にも細心の配慮をしておりアフターケアもばっちりです。
常に美しい状態を保っていますので、資産価値が下がりにくいのでしょう。
ブランドである以上、品質や使い心地がハイクラスなのは間違いありません。
中古の分譲マンションでも新築と変わらない程、グレードの高い暮らしができますよ。
中野区中野にあるブランドマンションの場合は、徒歩圏内にマルイや中野ブロードウェイなどのショッピング施設が揃っています。
また、中野区本町にあるブランドマンションの場合だと、教育機関や医療機関が揃っています。
このような物件はファミリー層からの支持が多いです。

築年数で劣化状況が異なる

中古でも安心して暮らせる分譲マンションが欲しいですよね。そう考えている人は、築年数を見ることがポイントなんです!劣化状況は築年数によって大きく変わりますから、どのような変化があるのか紹介します。

築10年未満

完成から10年経過していないマンションだとまだ大きな劣化部分は見えません。そのため、暑さや寒さなどの環境に関するトラブルは少ないでしょう。築年数7~8年を経過すると屋根や外壁の傷が目立ち始めてきます。クラック(亀裂やひび割れ)がないか確認をしなければなりません。

築10年以上

屋根や外壁の劣化以外にも、水回りのトラブルも起きやすくなります。水漏れや給排水設備に異常が見られることが多いため、マンション見学をする際は浴室や脱衣所、トイレやキッチンなどの状態は必ず見ておいてくださいね。

築20年以上

ここまで築年数が経過していると、大規模修繕工事が行なわれている可能性が高いです。外装や水回りなども綺麗に直されていることがほとんどです。しかし、耐震性の問題が出てきます。修繕で内装が綺麗でも安全性を求めて耐震構造がしっかりとしているか把握しておきましょう。

見学会で見ておきたい6つのチェックポイント

「見た目や内装、外装の設備が良いからここにしよう!」と直ぐに分譲マンションの購入を決断する方がいますが、損をしないためにも6つのポイントを抑えておく必要があります。このポイントを抑えておくと大きな買い物も大成功です。

①周辺環境のリサーチ

駅近なのは大前提として、スーパーマーケットや大型商業施設、教育機関や医療機関などが揃っているか見ることは大切ですよ。
徒歩圏内で行けるところにあるのがベストです。
朝昼晩、平日と祝日などでも交通量は異なりますから、車を利用する人は、交通量の把握もしておくべきです。

②管理の状態

中古の分譲マンションになると、管理をしていなければ新築当時のままの状態を維持することはできません。
エレベーターは定期的に検査をしているか、エントランスや廊下、階段などの共有スペースは整備されているかを見るのもポイントです。
管理状態によって信頼度が変わります。

③メンテナンスの行き届き

築年数がだいぶ経過している物件を購入する場合は、メンテナンスが行き届いているか見ましょう。
設備は交換されているか、いつ頃交換をしてもらえるかなどの把握はしなければなりません。
設備の異常や内装、外装に傷があると購入価格が変動しますよ。

④日当たりや眺望の良さ

マンションの良いところと言えば、一軒家と比較をして眺めが素晴らしいというところです。
階数が上がれば上がるほど眺望に期待を持てるでしょう。ベランダに出て街並みを眺めてみてください。
また、日当たりや風通しは良好なのかのチェックも重要です。

⑤耐震構造の安全性

耐震構造が気になる場合は1981年以降の中古の分譲マンションを選ぶと良いです。1981年以前のマンションは建築法が改正されておらず、耐震基準が古いです。
しかし、素人では判断できないのが現状ですから、プロに建物の状態を見てもらった方が良いでしょう。

⑥トラブルの有無

一軒家だと近隣住民とのトラブルは少ないですが、分譲マンションとなると上下階や隣人と騒音などが原因で揉めることがあります。
不動産会社のスタッフに、過去に問題が起きていないか聞いてみましょう。そうすれば実際に住んだ時に同様の問題が起こらないように対策できます。

マンションを購入する際の注意点

マンションの価格相場は立地や防災、街や駅の魅力、住民のタイプなどで変わるため、地域情報を集めると購入価格の想定をしやすいです。中野駅の周辺には中野セントラルパークや中野ブロードウェイなどの大型施設があり、街や駅は魅力いっぱいです。都心へ直ぐに行けるということもあり立地条件も良いですから、購入価格の設定は慎重に行なってくださいね。
また、無理のない住宅ローンを設定することもポイントです。マンションを購入する際に、住宅ローンの融資を受ける方が多いですが、借入できる金額は年収の7倍までと決まっています。年収が600万円だとすると、4,200万円が住宅ローンの目安になるのです。しかし、返済中に金利が上昇する可能性もありますので、借入金額は目安よりも低めの設定が望ましいです。このように地域情報を集めた上で相場を見て、住宅ローンの設定を行なうと、収入に見合った分譲マンションの購入が可能です。